スポンサーリンク

大阪から富山へ高速バスで行く弾丸グルメツアー【食い倒れ富山】

行き方

富山に旅行に行きたい。とにかく富山のグルメで食い倒れたい。富山ブラックもお寿司も、お酒も全部楽しみたい。この記事は富山で美味しいものを食べまくりたい方に向けて、大阪在住13年の富山出身サラリーマンが書いています。休日や週末を利用して富山へお出かけし、グルメを楽しんでください。今回はプチ情報として、週末の強行日程で富山のグルメを食べまくるおすすめプランをご紹介します。少しハードな強行日程をになります。

スポンサーリンク

仕事終わりに、金曜の夜に、阪急高速バスに乗る

とにかく富山での滞在時間、食事回数を確保するため、移動は阪急高速バスの夜行便、富山行きに乗車。阪急バスターミナルにはロッカーもあるため、仕事終わりに着替えて、荷物を預けていくのもいい。高速バスは3列、リクライニングシート、トイレや各席に充電、wifiも完備で安心、快適。翌朝には6時には富山駅に到着。

富山駅到着後におすすめ→富山駅で待ち時間、時間つぶしに使えるお店

阪急高速バスについては、過去記事→ 「大阪から富山へ安い阪急高速バスで行ってみた」

到着後は立山そばで腹ごしらえ

到着したら早速、立山そばでとろろ昆布のおそばとます寿司で腹ごしらえ。ひと息ついたら、富山城、環水公園へ朝の散歩。

うまい、安いの立山そばについては、過去記事→ 「富山では外せないスポット、立山そば」

8時になったら世界一のスタバでモーニングコーヒー

環水公園を散歩した後は、お洒落な世界一美しいスターバックスでコーヒーを飲みながらゆっくりしたい。きれいな水辺と緑あふれる公園を見渡し朝から贅沢な時間を過ごす。朝8時オープン。

世界一のスタバについては、過去記事→ 富山に世界一美しいスターバックスコーヒー」がある!

富山はアートな街で美術館・博物館も多い

環水公園のすぐそばに移転オープン(2017年)。アートを体感できるお洒落な空間、美術館。入口のインパクトある真っ赤な壁、富山の産物のアルミがいろんなところに使用されているのが印象的。オノマトペの屋上や屋外展示では思わずカメラを構えたくなる。屋上からの立山連峰、動物をモチーフにした大型彫刻は見応えあり。開館は9時半から、屋上の開園は8時からで午前中を有意義に使える。

富山県美術館は→ アートと「屋上からの絶景」を楽しめる富山県美術館

開店前には並んでおきたいぼてやん多奈加でランチ

人気店なので早めに、開店前には並んでおきたい。ランチは四角い分厚いボリューム満点のお好み焼きと焼きそば。豚玉とミックスそばがおすすめ。

最高のお好み焼き、ぼてやん多奈加については過去記事→「富山で有名な四角いお好み焼き「ぼてやん多奈加」」

富山駅前CiCに富山の新アンテナショップ「ととやま」がある

ランチを食べたら、そのまま同ビルの地上階(CiC1階)に上がり、アンテナショップでお買い物。富山の名産、地酒、海産物から農作物、和洋菓子、くすり、工芸品、定番のものからセンス光るアイテムまで勢ぞろいです。夜のホテルでの酒盛りのため、ここで地酒と珍味もそろう。

夕飯はJR高山線に乗ってホルモン専門店お多福へ

豚モツと豆腐の鉄板鍋が絶品で、味はもちろん、雰囲気よし、接客よし、何もかもが感動の地元人気店です。JRでの移動が必要ですが、駅前でアクセスもいいのでおすすめです。満員で断られる事もあるので予約するか開店16時狙いで行くのも有りです。

超おすすめのお多福について、過去記事→「味も雰囲気も接客も全て秀逸したお店 「ホルモン専門店 お多福」」

路面電車に乗ってホテルへチェックイン

富山の街なかをはしる路面電車、市電に乗って電鉄富山駅・エスタ前から桜橋へ。210円。ICOCAやSuicaは使えないので注意。

ホテルは大浴場と朝食がおすすめのマンテンホテル

移動や食事で疲れた身体には、大浴場のあるホテルがおすすめです。夕飯後はお風呂に浸かってゆつくりと、そして朝食はホタルイカの沖漬けやかまぼこ、昆布締めなど富山の味が全て揃うバイキングでお楽しみください。

マンテンホテルについては過去記事→「富山で朝食と大浴場付きのホテルならここ!富山マンテンホテル」

2日目はレンタカーを借りて「もつ煮込みうどん」

路面電車で市内観光(富山市ガラス美術館、富山城)、街ぶらでゆっくりもいいけど、車社会の富山ではレンタカーを借りるのがおすすめ。今回は食、グルメが旅のテーマなので車で行きたいもつ煮込みうどん屋さん2店をご紹介。2日連続の「もつ」だけど、おすすめします。

・田舎について、過去記事→「美味しい もつ煮込みうどんが食べられる居酒屋「田舎」」

・糸庄について、過去記事→「富山のB級グルメ、名物のもつ煮込みうどん「糸庄」」

間食には富山ブラック

間食、おやつには富山ブラック。2日連続の「もつ」がきつい方は昼食にブラックラーメンで。真っ黒の塩っ辛い醤油スープに太麺、たっぷりチャーシューとメンマを一緒に。最高です。

富山ブラックについて、過去記事→ 「富山ブラックで有名なラーメン店 「大喜」」

最後は回転寿司、すし玉で海の幸を

ネタも新鮮で旬のネタが揃う人気店でお寿司と地酒を存分に楽しめます。日替わりのネタや、富山湾ならではの3種盛り、きときとのネタが並びます。良心的な値段設定、店の活気や接客も満足できるおすすめのお店です。

最強の回転寿司、すし玉については過去記事→ 「富山にある超人気回転寿司「廻る富山湾すし玉」」

お腹が満たされたらあとは夜行バスに乗って帰るのみ

阪急高速バス(富山地鉄)の大阪線最終は23時発。大阪梅田には翌朝6時38分に到着。

まだまだ食べられる方へ

上記はあくまでも、おすすめルートの一例です。1日目のお昼はお寿司にしたい、お好み焼きはビールと食べたいので夜にしたい、白えび丼も食べたい、色々あると思うのでご参考までに!

コメント