スポンサーリンク

富山ブラックラーメンは「大喜」がおすすめ

グルメ

富山名物で何を食べていいかわからない。お酒や海の幸以外にも何か富山の名物を食べてみたい。富山ブラックってよく聞くけど、どの店が一番美味しいか。大阪ブラックとは違うのか?この記事はそんな富山グルメに興味がある方、富山ブラックを食べてみたい方に向けて、大阪在住13年の富山出身サラリーマンが書いています。富山ブラックを食べられるお店は何店かありますが、今回は富山県民のソウルフード「大喜」についてご紹介します。

〜ポイント〜

1.色が濃い真っ黒の塩っ辛い醤油スープ

2.麺はストレート太麺。チャーシュー、メンマも絶品

3.富山駅近くにもお店あり、アクセス良くおすすめ

スポンサーリンク

富山ブラックのスープは真っ黒て塩辛い醤油味

とにかく濃い黒色。醤油そのままかと思うくらい真っ黒のスープは塩辛い醤油味でとにかくパンチが効いている。でもただただ塩辛いだけではなく醤油のまろやかさも感じられる。一度食べるとリピート間違いなし。中毒性もある。必ず富山に行けば食べるという旅行者も多いので必見です。麺はストレート太麺で濃口のスープにも力負けせず、よく絡んで美味しい。

富山ブラックラーメンの美味しい食べ方

具は、やっぱり塩辛いチャーシューとメンマ、ねぎと黒胡椒。食べ方は、まず麺、チャーシュー、メンマを混ぜてスープになじませる。富山の白米にバウンドさせるも良し、ビールにもよく合う。少し味が濃すぎるという方には生卵のトッピングもある。

富山ブラックは塩分補給食!?

富山ブラックの発祥は、戦後復興に携わる肉体労働者のチカラめしとしてできた。塩辛いスープ、濃い味付けのチャーシューがたっぷり入ったブラックラーメンをご飯のおかずとして食べていた。

絶対におすすめする「大喜」

一度チャレンジしてほしい中華そば、富山ブラック。好みは分かれるが、ハマればリピート間違いなし。おすすめの「大喜」は富山市内に何店舗かあり、とやマルシェ店(富山駅構内)、富山駅前店(富山駅から徒歩2,3分)が富山駅から近くて行きやすい。

大喜には、「元祖」西町大喜「直系」大喜根塚店があるが、その話は別記事にてご紹介予定です。ここではひとまず富山駅に近い西町大喜をご紹介。どちらも最高に美味しいです。

詳しくは西町大喜の公式サイトにて→http://www.nisicho-taiki.com

グルメ 富山
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
【大阪発】 休みは旅に出かけよう!!

コメント