スポンサーリンク

新鮮なユッケとレバ刺しが食べられるユッケ通り(ソウル・広蔵市場)

ソウル

韓国で思い切りグルメを楽しみたい。新鮮なユッケやレバ刺しが食べたい。ソウルのユッケ通りに行ってみたい。

この記事は韓国旅行で新鮮で美味しいユッケやレバ刺しを堂々と思い切り食べたいという方に向けて、海外14カ国を旅し韓国グルメにはまっている旅行大好きサラリーマンが記事を書いています。

ソウルはこれまで4回訪れていますが、やっと念願のユッケ通りに行くことができました。路地には何軒もユッケ専門店が並びますが、価格も同じですし、どこも混雑して賑わっています。

今回はその中で直感で入店を決めたにもかかわらず、期待以上に最高に満足できた「ユッケチャメチッ」をご紹介します。

スポンサーリンク

ユッケは新鮮ですごいボリュームで出てくる

まず席に着きドリンクをオーダー。と同時にニンニクや唐辛子、辛子味噌の薬味とつけダレのごま油がテーブルにやってきます。カルビスープもついてきます。

まずは「ユッケ」、200gで15,000w(約1500円)。大皿に平たく盛り付けられて、真ん中に黄身とゴマがかけられて出てきます。新鮮なロースで肉の味がしっかり、もう箸が止まりません。そしてこのボリュームと安さに驚きます。

牛刺しも最高です、贅沢な一品です。

色が鮮やかでクセのない新鮮なレバ刺し

レバ刺し&センマイがメニューにありましたが、センマイは日本で食べ飽きていたので、「レバ刺しだけで…」とオーダーしました。

皿いっぱいにレバ刺しが盛られてきます。新鮮で臭みも全く感じられず、レバーの食感と甘味を十二分に楽しめます。ごま油と最高に合います。

値段はレバ刺し&センマイだと13,000wですが、レバ刺し単品だといくらになったかは覚えていません(美味しさのあまり確認する間もなく感動してました)

「ユッケチャメチッ」は広蔵市場で1番のユッケ専門店

常に行列が出来る大人気のお店で、広蔵市場で1番人気と評判のお店でした。今回は2号店に行きましたが、同じく広蔵市場のユッケ通りにもう1店舗と鍾路5街駅の近くに1店舗と合計3店舗あるようです。

ユッケ通り

広蔵市場の一角にユッケ専門店が並ぶ路地があります。日本で禁止されているユッケ、レバ刺しなどを求めて多くの日本人観光客がいます。地元の人もカップルやおじさん集団などで混雑しており、通りにも順番待ちの人が多いです。レバ刺し、ユッケ、センマイ、サンナクチ(生きたままのタコ)を思う存分楽しめます。

広蔵市場

100年の伝統を持つ総合市場。地下鉄1号線の鍾路5街駅すぐでアクセスは良いです。屋台も多く並んでいて、チヂミやキンパ、キムチなど韓国グルメが楽しめます。まさに食の宝庫です。週末の夕方、かなり混雑していました。東大門市場からも歩ける距離です。

満足度が高くおすすめできるお店

新鮮で美味しいユッケとレバ刺しがいただけるお店です。日本では味わえません。値段も安くて、ボリュームもかなりあります。レバ刺しを食べる、このためにソウルに行きたいくらい満足度が高いお店です。

客層は地元民が多く、若いカップルからグループ、家族連れなど幅広いです。ユッケやレバ刺しを求めてくる日本人観光客も大勢いました。

店内は明るく清潔で、店員さんも親切です。日本語や英語はあまり通じませんが、メニューなどは日本語表記もあり安心です。

ソウルグルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
【大阪発】 休みは旅に出かけよう!!

コメント